審美歯科

ホーム審美歯科

審美歯科とは

黄ばみや変色など、歯の見た目が気になって笑顔に自信が持てない・・・なんてお悩みをお持ちではありませんか?

お口の健康を保ちながら歯の形や色を美しく改善する歯科治療、それが審美歯科です。ここでは、審美歯科で行なう治療内容についてご紹介いたします。

審美歯科とは イメージ画像

審美歯科についての動画紹介

審美歯科治療メニュー

ホワイトニング

歯を白くするための代表的な治療方法で、専用の薬剤を歯に塗布することで歯に沈着した色素を漂白します。ホワイトニングは薬剤を使用するだけなので、削るなどで歯に負担をかけることなく白い歯を手に入れることができます。
薬剤は生体に悪影響のない安全なものを使用します。

ホワイトニング イメージ図

PMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)

プロフェッショナルトゥースクリーニング (PMTC) 図

深刻な着色汚れではないものの、歯の色や汚れが気になる方にはPMTCがおすすめです。歯科医師や歯科衛生士が、専用の器具と研磨剤を使って徹底的に歯を磨くことによって、歯の着色を落とします。
普段の歯磨きでは除去しきれない部分の歯垢もきれいに落とすことができるため、定期的に受けることで虫歯や歯周病の予防にも役立ちます。

ラミネートベニア

ラミネートべニア 図

ホワイトニングやPMTCでは白くできない場合、または歯の表面のデコボコや小さな欠損を治したい場合に適した治療方法です。

歯の表面を薄く削り、そこに歯の表面の形をした薄いセラミックを接着させることで、白く美しい歯に仕上げる治療方法です。歯の表面を加工するこの治療方法は、ちょっとした歯と歯の隙間の調整を行なうことも可能です。また、歯の表面がセラミックになることで、歯垢が付着しにくくなるというメリットもあります。

治療の流れとしては、まず歯を削った後に歯の色合わせをし、歯型を採ります。歯の表面の形をしたセラミックを作製したら、歯に接着して完了です。通院回数は一般的に2~3回です。

セラミッククラウン(オールセラミック)

セラミッククラウン (オールセラミック) 図

虫歯治療で歯を大きく削った際には、一般的に銀歯と呼ばれる被せ物や変色しやすいレジン(プラスチック)製の被せ物で治療を行ないますが、残念ながら見た目は自然な仕上がりにはなりません。

しかし、治療で使われる被せ物を、表面も内側もすべてセラミック製のものを使うことで、透明感があり、自然で美しい歯に仕上げることができます。しかもセラミックは変色しにくい素材なので、長期間美しい色を保つことが可能です。すべてがセラミックでできたこの被せ物は、「セラミッククラウン(オールセラミック)といいます。

虫歯治療だけでなく、歯の形や色を美しくしたい場合でもセラミッククラウンで対応が可能です。
通院回数は、お口の状態もよって異なりますが、2~4回程度です。

セラミックインレー

セラミックインレー 図奥歯の虫歯治療で詰め物をする際に、詰め物の素材を一般的な金属やレジン(プラスチック)ではなく、セラミックにすることで自然で美しい歯を再現することができます。このセラミック製の詰め物を「セラミックインレー」といいます。

特に奥歯は噛み合わせが大切なので、歯と詰め物の境がわからないほどに滑らかに仕上げ、適切な噛み合わせになるように調整します。

セラミックインレーで治療すると、虫歯治療をした箇所が判別できないほど自然な見た目になります。口をあけたときに銀歯が見えていないか気にする必要がないため、見た目の美しさを重視したい方によく選ばれている治療方法です。

お問い合わせはこちら

  • 審美歯科メニュー
  • 審美歯科
  • 審美歯科症例
  • 提携医院
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科

ページのトップへ